およそ6時間の持続効果を得るED治療薬|レビトラやバイアグラ

レビトラとは

男女

レビトラとは、ED治療薬として世に登場した薬品です。男性の問題を解消するために、神戸や全国のクリニックで幅広く用いられています。レビトラの特徴として、薬価基準未収載であるということが挙げられます。そのため、神戸や全国のクリニックにおいて保険の適用外となるという特徴を持つのがこのレビトラなのです。レビトラは、製造販売の許可が下ってから徐々に内容量が増えていきました。製造当初は5ミリグラムと10ミリグラムの販売でしたが、その数年後には20ミリグラムの販売が開始され、神戸や全国のクリニックで用いられるようになりました。
有効成分として、バルデナフィルを多く含んでいるのが特徴です。例えば、レビトラ20ミリグラムとは、有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物のうち、バルデナフィルとして20ミリグラムを含んでいるという表記になるのです。バルデナフィルは水に溶けやすい性質があり、ED治療薬の中では血中に含まれる時間が短い方であることが特徴です。
では、その効果について見ていきます。勃起を促進する成分として、サイクリックグアノシンーリン酸というものがあります。その成分はホスホジエステラーゼという物質によって壊されてしまいます。レビトラを用いることで、ホスホジエステラーゼの働きを抑制します。それにより勃起を補助するということです。従って、勃起そのものを促進するということではなく、勃起した状態を保つという役割を果たすのがレビトラなのです。
神戸や全国のクリニックで処方されるレビトラの作用について確認しました。適切に用いることで男性の自身を取り戻したいところですね。